顕微受精

採卵①

投稿日:

こんにちはー(^^)/

今回は体外受精の最初の手順、採卵までを書いていきたいと思います。

私が実際に治療を開始したのは去年の9月頃ですかねー。

体外受精の手順

  1. 採卵のために身体にホルモン薬を投与し、良い卵子をたくさん育てる。
  2. 採卵と採精を行い、受精させる。
  3. 受精卵(胚)を培養する。
  4. 子宮内膜を調整し、胚移植を行う。
  5. 妊娠判定

流れはこんな感じ。書くとたった5行かーと思ってしまいますが(^^; 実際はこんな簡単にはいかないです。赤ちゃんを授かることってホント奇跡なんだなーって日々感じます。

ホルモン薬投与開始

まず採卵のために薬で良い卵をたくさん育てます。薬は飲み薬と。。注射です(^^; 自分で下腹部に刺します(キャー!w)

注射が苦手な方はもちろん病院でもやってもらえますが、毎日なので。毎日通院することになります。。

幸いにも私は採血大好き人間だったので良かったのですがw、それでも毎日の注射は萎えました。。基本は痛くないのですが、皮膚の痛点というところに針が刺さると痛いらしいです。毎日の運ゲーですねw

毎日飲み薬と注射で薬を投与し続け、いよいよ採卵を迎えました。

採卵は痛いとかネットで書かれたりしていますが、私が通う病院では麻酔をして採卵を行ったので無痛です。

施術が終了しベッドに移動、ほどなくして麻酔が切れ診察室で採卵結果を聞きました。

何個卵採れたのかなー。

先生👨「非常に申し訳ないですが、今回は採卵できませんでした。」

え?。。。え!!?

わけわからーん!!!

てことで本日はここまでw

Follow me!

-顕微受精

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

キャプチャ23

不妊治療に本格的に取り組むために、8年勤めた会社を退社。不妊治療を開始し、現在は人工授精3回目にトライ中。治療を行う中で、自分と同じように治療をされている方、これから治療を開始する方へ不妊治療に関して情報共有できればとブログを開設。その他、妊活、妊娠に関しても情報を公開中。